即効で手汗が改善する方法

「うわぁ~、手汗がジワ~っと出てきた。」(;^_^A

「ど、どうしよう・・・」

なんてとき、どうしてますか?
焦れば焦るほど出る手汗。

ひどい時にはポタポタ垂れるほどに・・・。
これが、取引相手と交渉してる時とか、彼女のデートの時とか、人に注目されている時とか、

「あ~、考えるだけで手汗が。」
よく、汗が出そうになったら「気を楽に持ってなるべくリラックスするように!」

なんて事を聞きます。

でも、「リラックスしよう!」なんて一生懸命思ってリラックスできますか?

リラックスしようと思えば思うほど、どんどん緊張が・・・

なんてことに陥る経験は誰にでもあると思います。
でも、もし即効で手汗を抑えることができたら、

この場だけでも構わないから「お願い止まって!」なんて場面がありますよね。
手汗は「精神性発汗」です。ですから“心”の影響を強く受けるんですね。

これを逆にうまく利用すると、手汗を止めることも。

実は、意識の使い方ひとつで手汗の出方を抑えることが出来ちゃうんです。

人間の深層心理に働きかける簡単な方法で。^^
その方法とは・・・

>>続きを読む

>>レビューはこちら

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:手汗を抑える方法

ツボ刺激で手汗を抑える

手汗でグチョグチョ!

「あ~、今だけでも止まって~!」
こんな経験あると思います。

一瞬だけでも手汗が止まってくれるツボがあれば・・・

なんてことよくありますよね。
そんな時は労宮(ろうきゅう)。

手の平にあるツボで、手を握りしめたときに中指が当たるところです。

疲労とか精神的なストレスに効くと言われてるツボです。

イザって言うときに試してみてください。
あと、合谷(ごうこく)と復溜(ふくりゅう)も良いと言われていますが、

一番のオススメが脇の下のにある部分。

ここは正確にはツボではないのですが、ETS手術で切除する神経の部分です。

手汗を出す神経を直接圧迫するということになりますので即効性があります。
人差し指~小指の指先を脇の下から胸の脇の肋骨に当たるようにして押さえます。

しばらく指圧していると手汗が引いてきますよ。

持続時間は個人差がありますが5~30分位はイイ感じになります。^^
ちなみに合谷(ごうこく)は手の人差し指と親指の付け根の部分。

歯痛にも良いツボですよね。
復溜(ふくりゅう)は足の内くるぶしから指3本分上で、アキレス腱の前縁部分になります。

水分の代謝異常を整えるツボで、足の疲れとかムクミにも良いツボです。
こちらの合わせて使うとより効果的です。
とはいえ、いっつもその時限りのツボ刺激だけじゃ根本的な解決にはならないですよね。

やっぱり根本的に手汗を改善したい!

って、思いますよね。
そんな時は、やっぱり心と体の反応の仕組みを利用して治せば根本的な解決になります。

「そんな都合の良い話・・・」

と思いましたか?
お医者さんでも知っている先生が少ないのですが、1000人以上が人が試して94.3%が効果を実感している方法です。

>>詳しくはこちら

>>レビューはこちら

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:手汗を抑える方法

手汗を抑える入浴法

手汗の原因のひとつとして挙げられるのがストレス。

毎日の仕事で疲れた身体を癒してくれるのがお風呂ですよね。

このお風呂が実は手汗との関係が深いんです。
手汗は自律神経のアンバランスから起こることが大きな原因です。

この自律神経を調えてくれるのがお風呂なんですね。
一日戦って交感神経が高ぶっている身体の状態を、おやすみモードの副交感神経優位してくれる作用があります。

お風呂が自律神経のスイッチを切り替えてくれるんですね。
この切替がうまくいかないと、寝付けないとか、眠りが浅いとか、そんな状態になって身体が休まらないんですね。

で、自律神経のバランスが崩れて手汗が出やすい体になってしまうというわけです。
なので、毎日ゆっくりと、リラックスした気分で湯船に浸かることが、と~っても大事なことなんです。

湯船にちゃんと浸かってますか?

シャワーで済ましてるなんてことはありませんか?
手汗で困っているなら、本当に治したいならちゃんとお風呂に浸かりましょうね。
で、お風呂の入り方ですが、腰湯をぬるめのお湯でのんびりと。なんてのが良いです。

ですが、その前に手汗を防ぐとっておきの入浴法があります。
短時間で済む方法ですが、これが手汗を抑えるにはとっても効果的なんです。

しかも、この入浴法の後、寝る前にあることをするだけで根本的に手汗を治すことも出来ちゃうんです。
とっておきの入浴法と寝る前にやることとは・・・

>>詳しくはこちら

>>レビューはこちら

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:手汗を抑える方法

手汗の薬、オドレミンってどうなの?

手汗の薬ってどうなの?

って、疑問に思っている方も結構いるようです。
「ちゃんと手汗は止まるの?」とか、

「副作用はないの?」とか。
まず、手汗に効果的と言われているのが塩化アルミニウム。

これは皮膚科に行けば処方してもらえますが、この塩化アルミニウムを含んだ薬を手軽に欲しいならオドレミンというものがあります。
このオドレミンで「手汗が止まった」っていう人も結構いますので、もし手汗のお薬をお探しなら一度使ってみてもいいと思います。

ただ、オドレミンは比較的酸性が強いので、皮膚が弱い方はかぶれることがあります。

そんな時は、1:1くらいに薄めて使っても効果があります。

それでも合わないときには使用を避けたほうが良いようです。
あと、ちゃんと乾かさないと衣服が変色しちゃうかも知れないので、こちらも注意したほうがいいですよ。

また、アルミニウムが「アルツハイマーの原因に?」なんてことを心配する方もいますが、こちらは問題ないようです。
ただ、効果には個人差がありますので、あらかじめ効果を試しておいて、

「明日どうしても手汗を抑えたい!」なんてときに使うパターンがいいと思います。
だって、本当は薬で手汗を抑えるより根本的に手汗を防げれば最高ですもんね。

そうすれば、どんな時でも心配なくなりますからね。

ハンドタオルを常に持ち歩くなんてこともなくなるし、必要以上に手を洗うこともなくなりますよね。
で、どうすれば良いかというと、

寝る前に心と体の仕組みを利用した簡単なあることをするだけでいいんです。

>>続きを読む

>>レビューはこちら

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:手汗を抑える方法

手汗と音楽療法について

気持ちをの~んびりして音楽を楽しめば手汗も治まる。

なんていう治療法もありますよね。

音楽療法ってヤツです。
確かに手汗は精神的なことで左右されます。

リラックスした気分であれば、手汗の量も少なくなります。

でも、音楽療法で手汗が治るということはちょっと・・・です。^^;
ただ、少なくとも心をリラックスさせる効果はあるので、

日常的に音楽が流れている状態で仕事や家事、勉強をしたり、

休憩や通勤・通学のときに音楽を聞く習慣をつけることが、

手汗の出にくい心の環境につながります。
つまり、手汗改善の補助的な役割みたいな感じで捉えるといいと思います。
そこで疑問が出てきますよね。

「どうすれば手汗が治るのか?」

根本的に手汗を治すには、心と体の仕組みを利用して、自律神経のバランスを調えることで手汗の出にくくすることが必要です。

では、その方法を紹介します。

>>続きを読む

>>レビューはこちら

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:手汗を抑える方法

このページの先頭へ