手汗の薬、オドレミンってどうなの?

手汗の薬ってどうなの?

って、疑問に思っている方も結構いるようです。
「ちゃんと手汗は止まるの?」とか、

「副作用はないの?」とか。
まず、手汗に効果的と言われているのが塩化アルミニウム。

これは皮膚科に行けば処方してもらえますが、この塩化アルミニウムを含んだ薬を手軽に欲しいならオドレミンというものがあります。
このオドレミンで「手汗が止まった」っていう人も結構いますので、もし手汗のお薬をお探しなら一度使ってみてもいいと思います。

ただ、オドレミンは比較的酸性が強いので、皮膚が弱い方はかぶれることがあります。

そんな時は、1:1くらいに薄めて使っても効果があります。

それでも合わないときには使用を避けたほうが良いようです。
あと、ちゃんと乾かさないと衣服が変色しちゃうかも知れないので、こちらも注意したほうがいいですよ。

また、アルミニウムが「アルツハイマーの原因に?」なんてことを心配する方もいますが、こちらは問題ないようです。
ただ、効果には個人差がありますので、あらかじめ効果を試しておいて、

「明日どうしても手汗を抑えたい!」なんてときに使うパターンがいいと思います。
だって、本当は薬で手汗を抑えるより根本的に手汗を防げれば最高ですもんね。

そうすれば、どんな時でも心配なくなりますからね。

ハンドタオルを常に持ち歩くなんてこともなくなるし、必要以上に手を洗うこともなくなりますよね。
で、どうすれば良いかというと、

寝る前に心と体の仕組みを利用した簡単なあることをするだけでいいんです。

>>続きを読む

>>レビューはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:手汗を抑える方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ