睡眠はしっかりと!

「睡眠不足だと手汗がひどくなるんです!」

なんて経験ありませんか?
プレゼンの資料を作るのに夜更かししたら、プレゼン中に手汗がポタポタ。

テスト前に徹夜をしたら、答案用紙がグチョグチョ。
ただでさえ緊張する場面なのに・・・

なんて経験ありますよね。
実は、手汗と睡眠ってすっごく関係があるんです。

手汗は自律神経(交感神経・副交感神経)の働きによって左右されます。
人間は日の出と共に目覚めて夜は寝るという生体のリズムを無視すると、

自律神経のバランスが崩れちゃいますね。

で、睡眠不足だと交感神経が高ぶった状態になって手汗が出やすくなるんですね。
じゃ、どうすればいいの?

というと、自律神経のバランスを良くするために、

副交感神経が良く働く睡眠をしっかりとることが大切になります。
十分な睡眠を取ると、翌日交感神経が高ぶることなくちゃんと働いてくれるので、手汗もひどくならずに済むということなんですね。

また、睡眠がしっかり取れていると精神的にも安定しますよね。

と言うことは、手汗の一番の原因となる精神性発汗の抑制にもつながるというわけです。^^
さらに、寝る前にあることをすると根本的に手汗を抑えることが出来ちゃうんです。

もし手汗が根本的に治れば、プレゼンもテストも、握手や彼女と手をつなぐ事も怖くなくなりますよね。
寝る前にするあることとは・・・

>>続きを読む

>>レビューはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:手汗の原因と予防

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ