手汗を防ぐにはアルコールの飲み過ぎ注意!

飲み会の時って手汗でグチョグチョ!

マイクを握るのも苦痛

「何とかならないかなぁ~」
手汗とアルコール、経験ありますよね。

実はこれには訳があります。
アルコールって、血管を広げる作用があるんですね。

血管が広がると運動したときのように汗が出やすくなります。

そうすると、手汗の原因となる精神性発汗が誘発されるので、手汗がひどくなっちゃうんです。
「でも、アルコールってストレス発散になるんじゃないの?」

まぁ、確かに少量のアルコールだったら返ってストレス発散になりますからね。

必ずしも手汗に悪いとは言い切れないんですけどね。
でも、飲み過ぎはいけません。

あ、あと、イッキもやめましょう!

急に血中アルコール濃度が高くなって手汗の原因なります。

手汗が出てきて焦ってさらに出る。

なんて悪循環になりかねませんからね。
とは言っても、お酒は美味しく楽しく飲みたいですよね。

手汗のことなんか気にしないでね。
「それが気になるんだよ!」って言われそうですね。^^;

でも、根本的に手汗を治せれば心配ないですよね。
実は、身体の反応の仕組みを利用すれば手汗を防ぐことって出来るんですよね。

「え?そうなの?」

はい。出来るんです。
とは言っても、手汗がひどい人じゃなくても飲み過ぎると手汗でちゃいますから、

どちらにしても飲み過ぎはね。健康にも悪いし。^^;
でも、もし手汗が治れば・・・

マイクを持つのも、もう怖くありません!デュエットだって楽しめちゃいます。

飲んだ勢いで、好きな子に積極的にアピールなんてことも。^^
で、どうすれば手汗を根本的に治せるかというと・・・

>>続きを読む

>>レビューはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:手汗の原因と予防

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ