手汗と水分の摂り過ぎ

手汗をかかないように水分をとらない!

なんてことはありませんか?
でもそれって、気を付けないと危険なんですよ。

確かに水分が多いと汗が出やすくなりますよね。

水分を控えることで、体が熱くなると汗が出るという温熱性発汗は防げます。
でも、これって出て当たり前ことですよね。

ていうか、暑くて汗が出ないと困まりますからね。

汗は、体の中にこもった熱を出してくれるんですから、夏だったら熱中症になる危険性があります。
「じゃぁ、どうすればいいの?」

って事になりますが、その答えはスポーツドリンク。

スポーツドリンクのいいところは熱中症対策だけじゃないんです。
どういう事かというと、

スポーツドリンクには塩分やミネラル分が多く含まれているので、

水分だけを摂るよりも血液中の塩分濃度が高くなります。

すると、浸透圧の関係で汗をかきにくくなるという訳なんです。

意外でしょ。^^
でも、出来ればそんなことに気を使わないで済むように、根本的に手汗を治したいですよね。

ではどうすれば根本的に手汗を防げるか。

>>続きを読む

>>レビューはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:手汗の原因と予防

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ